私達と一緒に働きませんか?社員、パートさんを募集しております。
テクア技研は3K(汚い、きつい、危険)現場の機械修理業ではありますが、皆さんの一歩一歩の心の歩みをじっくりとみつめ、しっかりとサポートしていく使命をもっています。 『心ある道』を一緒に歩みませんか?
人財について

「七・五・三」という言葉があります。中卒の七割、高卒の五割、大卒の三割が三年以内で転職しているという現実を表した言葉だそうです。そしてその理由の多くは、「自分の仕事に使命感を感じられないから」という感情だからだそうです。かといって我が社に入社すれば「使命感に燃えて生き生きと仕事が出来ますよ!!」と言うつもりはありません。
使命感なんてそう簡単に沸いてくるものではないと思うからです。
マズローの「欲求5段階説」をご存知でしょうか?
人は前段階の欲求が満たされて初めて次の段階の欲求を求めると言う説です。

第5段階

目標年収(1000万)収入も安定してきた。家族ももてた。
取引先からの信頼も獲得した。
「でも本当にこれでいいのか俺の人生?」
「俺は何の為にこの世に生まれてきたんだ?」
「何をしにこの世にやってきたんだ?」
「本当の幸せって何?」
「人の役に立つ事で自分の中からすごいエネルギーが沸いてくるのはなぜ?」

第4段階

目標年収(700万) なかなかいい職人になってきた。
自信もわいてきた。
でもまだ取引先からの信頼が得られてないように思う。丁寧で心のこもった質の高い仕事がしたい!!

第3段階

目標年収(500万) 仕事を任されたのはいいけど、
同じ仕事ばかりじゃあきてきた!!
なんとか資格を取って技術を身に付けて、皆に一目おかれたい!!

第2段階

目標年収(400万) 毎日毎日補助作業はアキアキだ!!
何とか技術を身に付けて仕事の幅を広げ収入を安定させたい!!

第1段階

目標年収(300万)ネット難民、その日暮らしの派遣業はもうたくさんだ!!
何とかこの自転車操業から脱してぐっすり眠れる自宅で暮らしたい!!


※PDFで開きます

上記のように、 西洋人であるマズローの「欲求5段階説」で考えると人は物質的にも精神的にも満たされて
はじめて感謝の心が芽生えてくると考えられますが、東洋人的な掃除の世界観では
「何事にも気づき感謝する心が芽生えてはじめて人は倖せになれる」と考えられています。
マズローの逆説を生きる事になるわけです。
『 倖せ』とは西洋人的な世界観と東洋人的な世界観を融合させた「道」ではないかと思っています。

感謝の心を持ってはじめて人は倖せになれる
我社は掃除に力を入れています。掃除を続けていると感謝の心が芽生えてくると言われているからです。
日々の活動を通して感謝の心を育むことが、社員やパートさん自身、またその家族、友人、恋人など沢山の倖せを連鎖することに繋がると考えます。心豊かな、生きがいを持った人の溢れる会社です。
  • 掃除に学ぶ会風景

  • 公園を美しくする会風景

  • 会議のあとは自然と掃除

  • 大切な掃除道具たち
    いつもありがとう!

  • 仕事道具にも日々感謝

  • 危険から守ってくれるヘルメットに感謝

  • 作業のあとは自然と部品補充

  • ベアリングはいつもきれいな状態で保管

  • 毎日使うからこそキレイに

  • 毎日使うからこそ整理整頓

  • 道具に問題がないかチェック

会社行事も生き生き楽しんでいます!
  • ゴミの日(厭離穢土 欣求浄土)に参加

  • 新年会の毎年のテーマは「人間万歳!」

  • 毎年4月実施の東日本大震災チャリティー30キロウオーク!

  • 100キロウォークに参加

  • 海沿いは風が強いですね

  • 見事ゴール!

  • 社員旅行

  • 颯爽と走る社員達

  • グルメも旅行の楽しみ!

■社員旅行実績

1994年 沖縄
1995年 グアム
1996年 サイパン
1997年 バリ島
1998年 サイパン
1999年 ケアンズ
2000年 グアム
2000年 グアム
2001年 事故で自粛
2002年 サイパン
2003年 沖縄
2004年 サイパン
2005年 サイパン
2006年 サイパン
2007年 サイパン
2008年 サイパン
2009年 SARS騒動で自粛
2010年 サイパン
2011年 サイパン
2012年 サイパン
2013年 サイパン
2014年 サイパン
2015年 サイパン
2016年 グアム